投稿

快晴の中央アルプス烏帽子岳

イメージ
  久しく登山に行ってなく、半年ぶりくらいに行ってきました。 最近は子供の事もあり、遅くなるのは気が引ける。 しばらく行かないとモチベーションも落ちますね。遠征する気力がない。 なので17時くらいには帰ってこれそうで満足出来そうな。。。丹沢はヒルが心配だし、(前日雨だった)八ヶ岳でもいいけどまだ雪あるからいけるけどもうちょっと軽いところがいいな。。。 などと思案していて、1回行っているけど久しく行っていなかった中央アルプス南端にある烏帽子岳に行くことにしました。 自宅から下道も使っても3時間弱。 2000m越えで山頂からは南駒ケ岳が間近に見える事を覚えていたので。 久しぶりだからなんやかんや楽しみだったのか、3時前には起床。 3時半に家を出て6時には登山口に。

【日帰り】 霧山 親子ハイキング

イメージ
 ふらっと近場の里山へ。4歳2ヶ月の息子を連れて。

紅葉?の藤原岳

イメージ
今年こそは雪の爺ヶ岳に登って白い劔を見ようと思って虎視眈々と狙っていたけれど、またもタイミングが合わず。 近場なら行けそうだったので紅葉見に鈴鹿の藤原岳でも行ってみることにしました。 伊勢湾岸自動車道が距離のわりに高いのがネックだけど、この近さお手軽さは良き。

【日帰り】乾徳山

イメージ
お盆の休み、晴れそうなので登山です。 と言っても前日バタバタしていて計画を練る暇がなかったのと、先月穂高に行ったので今月は軽いところでと思い乾徳山を選択。 3時頃家を出て6時には駐車場に到着。 高速から離れたところにあるため以前住んでいた甲府の街中を通りましたが、平和通りの釜無川のあたりから八ヶ岳や甲斐駒がよく見える事に気が付きました。 住んでいた時は登山していなかったので気にもとめなかったのですが、なんとも贅沢な眺めです。 人間、興味のあることしか目に入らず、興味を持った途端に視界に入ってくるようになるんだから不思議なもんです。

1泊2日 奥穂高〜ジャンダル厶〜西穂高縦走

イメージ
   仕事、家庭、その他諸々の都合と天気がマッチする時は中々なく。 特に天候が不安定な夏。 しかし登山のハイシーズンは夏! いやもちろん他の季節も素晴らしい事も知ってますが、高山植物は夏しか会えないんですよ。後はアクセスに必要なバスがハイシーズンしか早朝やってなかったり。 そんなこんなでここ3年ほど尽く計画は頓挫。家庭環境も変わってまた次に行けるのがいつになるか分からない。 それならここらで一度、登山に全リソースを降りきって自分を納得させようと思い、家族の理解を得て有休ぶち込んで行ってきました。 久しぶりの高気圧さんのおかげで日月が晴れそう。。。!チャンス! 山は逃げないといいますが、山は逃げなくても各人にとってのベストなチャンス、機会というものは簡単に逃げます。 長い目で見れば山小屋の存続や公共工事による景観の変化など山も変わらないわけではありません。 だからこそ、今が重要であって老後の楽しみなどと言ってられないのです。 さて、脱線しましたが今回は平日も活用しないととてもじゃないが行けない、大人気の北アルプス穂高連峰に行こうと決めました。 何故か。 最初はずっと前から考えてる北岳〜農鳥の白峰三山縦走をと思っていましたが、今年はなんと北岳山荘が改修でお休み! テン泊装備で1泊2日で歩き通す自信がなく断念。 ではと北アルプスを調べ始めると。。。ありました1泊2日に好適なルートが。 興味はありつつも遠目に生暖かい目で見ていた西穂〜奥穂間の破線ルートです。 上高地入りして岳沢から奥穂高岳を目指して穂高山荘で1泊、翌朝早くから奥穂高岳から西穂高岳へ抜けて上高地へ下山するルートです。 岩稜の破線ルートかつ、一般登山道の中では国内最難関のルート。 天邪鬼な性格で、昔から定番を避ける傾向にありますがやはりここは一度は経験しないとならんだろうと思いました。

スカルパ リベレライトHDの不満からモンベル アルパインクルーザー2000を衝動買いした話

イメージ
 さて、表題の通りアルパインクルーザー2000を衝動買いしました。 元々は妻がレインウェアを買いたいというのと、息子用に登山靴を買いたかったのでモンベルへ向かいました。 息子用の登山靴はいくつか履かせてとりあえず最も安いマーセドブーツに。 トレールグリッパーではないけれど、西松屋のお安い靴よりはグリップするでしょ。 成長が早くてすぐ履けなくなるものだし。

Garmin fenix6x を今さらながらレビュー

イメージ
さて、新型の7が出た今となってはいまさら感は否めないですが、やはり物はしばらく使ってから本質が見えるというもの。 旧モデルとはいえ、大きく機能は変わらないGarminのfenix6xをレビューです。

【閲覧注意】岩と雨とヒル地獄の岩古谷山

イメージ
 ナメクジなどが苦手な人は戻った方が良いです。 会社の平日休み、毎年北岳など1泊で行くところに行こうと思うのに、示し合わせたように雨天、雨天、雨天。嫌がらせ? かと言って家で悶々としていても仕方がないので、多少の雨の山も経験だろうと思い近場の山で気になっていた岩古谷山へ。 展望は望めないだろうけど、人を連れてこれるレベルなのかどうか、コースの下見も兼ねて。 天気予報は降水量は0-1mm/h程度。SCWも曇りと雨雲が交互。時間が経つにつれて良くなりそう。まぁ行けるでしょう。 と、思ったのが大間違い。。。

【日帰り】下十枚山

イメージ
 会社の同僚とどこか登山へ行こうという話になりました。 初めての人もいるので岩小谷山、明神山などを考えていましたが、あいにく雨雲に隠れてしまいそう。しかし静岡県中部~東部は天気が良さそうだったので、前から目をつけていた十枚山へ行くことに。 新東名の新静岡ICから梅ヶ島温泉方向に登って行き、途中で道をそれます。 それた後は結構な勾配ですが舗装路を登っていき、ナビに表示されない箇所まで入っていくと10台程度の駐車スペースが設けられた地蔵峠登山口に到着です。

【日帰り】深南部?池口岳から聖岳を望む

イメージ
     ゴールデンウィークは後立山の唐松と五竜を縦走する計画! が、諸事情で日帰りに変更。 日帰りだけど時間が取れそうなので、ちょっとロングでやれそうなところを計画します。 なかなか日帰りでロングと言うと難しいところですね。。。 そういえば深南部をまだ歩いてないことに気づき、ちょっと調べていたところ時間が取れるなら日帰りでも行けそうな所はありそうでした。 池口岳かバラ谷の頭、どちらかにしようと思い、迷いましたが聖を見たいなぁと思い、池口岳へ。 自宅を3時半頃出発し6時少し前に登山口に到着です。 アクセスには152号線を使いましたがなかなかの酷道でした。通行止めもしょっちゅうありそうなので、よく確認したほうがいいです。 と言っても帰りはもっとひどい目を見るのですが。。。 池口林道はわかりにくいですが、池口岳登山口の標識があるのでそれに従います 途中からダートになるので車高が低い車はこするかもしれません。お気をつけ。 登山口は上部にある避難小屋付近のスペースも含めても、せいぜい8台程度が限度かと思います 6時の時点では自分の車1台だけでした。